カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2016年7月28日に日本でレビュー済み
クレッサール編のクライマックス終盤。ちょっと話が巻き戻って襲撃部隊と
DXのやり取りの補完と、決戦直後からの続きを収録。ロビンと大老の対面で
大老もしっかりしてる辺りが見えたりオズモおじさんが格好良かったり
イプカの拘りも多少とけたり。

ディアの天恵は概ね明らかに。DXは相変わらず絞めるところは絞め、
保護者なところはそのまま。後処理は次巻以降になりそうで、現地でできる
ことを丁寧にやった感じ。ライナス&ルーディーいい子。描写は結構
あっさりしておりさらっと読み終えてしまってあれ?という感じ。
まぁ長々やってもしょうがないですし描くべきことは描いているので問題なし。

~特装版と通常版の違い~

・特装版は小冊子が付き、王都に残っている竜胆とマグナル王子、
 それぞれのお目付け役とのやり取り。今後の展開に関わりそうな
 描写もあります。通常版には付属しません。
・カバーイラスト。
・カバー折り返しの著者の一言メッセージ。
 特装版→好きな花のこと
 通常版→住居のこと
・カバー下の設定メモはどちらも同じ。
 (イプカの乗る空飛ぶエイの設定)
・Tail pieceは同じ。

本編のほか、2010年の他著者さまとの合同イベント時の短編が
収録されていますが…ランドリと全く関係ないし他著者さまの本の外伝
みたいな扱いでキャラ紹介もなく、かといってランドリキャラが出ている
わけでもないので読んでて面白くは感じず(※私見です)個人的には
いらないか、これと小冊子の内容逆または小冊子に追加の形で単行本は
ランドリのみでよかったかも。

ともあれ単行本の内容は通常/特装とも同じで両方購入の必要性は薄いですね。
興味があるほうを買われるといいかと思います。クエンティンの撒いた種と
それに対抗するDX陣営はどうなるのか!…ぜひ購入してお確かめください。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
71 件のグローバル評価
星5つ
90%
星4つ
8%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%