カスタマーレビュー

2012年4月11日に日本でレビュー済み
聖人・星野道夫の講演集。10回分。

池澤夏樹さんが「ゆっくり読め」、と巻頭に書き添えてある通り、下戸の僕でも一杯グラスを傾けながら味わいたくなるような言葉の宝庫。
「アラスカとは、『意味のない自然の巨大さ』がある土地」なんて表現には、参ってしまう。

神話、捕鯨、シャーマン、森、氷河、、、どの話題も彼と一緒に焚き火にあたりながら、肩を寄せて聞いている気分になる。最高のアラスカガイドブックだと思う。ポイントホープという村の鯨漁にまつわる神話を語り、神話を通して自分というものを世界に位置づけ、自分を抑制する事の重要性を語る。そして、神話を失った事で不安の消えない現代人ついて,1994年42歳の彼はこう結ぶ。

 「もうそろそろ、僕たちは2000年を迎えます。そのときに3000年というものを人間が迎えられるかどうかという事を時々考える事があります。つまりあと千年なわけですが、もしも人間が3000年を迎えることができたなら、と、僕はこんな風にいつも思うんですね。

 その3000年に生きる人たちが過去の歴史を振り返ったときに、本当に人間というものが進化していくものであれば、今がやはり人間が変わろうとしているときのような気がして仕方がないんです。

 というか、変わらなくてはいけないという気がして仕方がない。その進化というのは、意識の変化だと思う。漠然としているのですけど、では意識の変化というのが何なのかというと、僕にはまだよく分かりません。ただこれから自分がアラスカにいて、アラスカの自然と関わる中で、何かそのきっかけとなるメッセージを送っていけたらと思っています。」
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
43 件のグローバル評価