カスタマーレビュー

2020年9月10日に日本でレビュー済み
まず構成、章立ての設計が散漫で、調べた事をとにかく全部書きたいだけという押し付け感が強い。人間菅野を描き出したいという著者の思いは伝わってくるが、菅野自身のエピソードにとどまらず、友人知人戦友とのエピソード、更には友人知人戦友を語るためにその知人のエピソードと、際限なく情報が綴られる。何を描き出したいのか焦点がぼやけていき、読む方も飽きてくる。特に前半は菅野の日記に頼り切っており、且つ著者のこうあって欲しい菅野の人間像が押し付けられるばかりなので、感動も無くただ退屈だ。
前半は菅野少年のエピソード紹介。後半は菅野を軸にした戦況推移の詳細記録。
結局菅野という人間が浮かび上がってこないし、目的が散漫な記録本と言ったところか。連載物なのでこうなったのだろう。書籍にまとめる際に、枝葉を落とし、描きたいことがしっかり伝わるよう、推敲するべき内容。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
47 件のグローバル評価