カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2019年4月4日に日本でレビュー済み
まずはTVアニメ化、おめでとうございます(^O^☆♪
こちらの本のページもすごいスペース取って内容紹介されていて、好きな作品が大々的にPRされてて嬉しいです♪

前巻では春樹がひたすら可哀想で、年上組の恋模様がとても切なかったですが、5巻でついに決着しました。
あぁ〜、ネタバレになっちゃうかもですが、ホント5巻良かったです!!
春樹は割り切ったようでいて、でもそんなにすぐに恋心なんて消えるわけなんてなく、一旦心の奥に仕舞い込んで落ち着いてきて。
雨月も秋彦もホントにお互いを好きではあったけど、どうしても噛み合わない、どうしても捨てられない生き方にもがくしかなくて、苦しくて…、でも離れられなくて。
そんな行き詰まりの恋に光を照らしたのは、真冬の歌でした…。
本編巻末の秋彦のあんな顔、初めて見ました!
ありふれた恋の話、だけど、唯一の、彼らだけの恋の話、でした!

年上組の恋嵐の中、上サマと真冬の話もちょこちょこ見れたのも良かったです。
真冬は感性の人なんだね、ボーっとしてるように見えるけど、上サマより鈍くなくて意外と周りの状況が見えてる(笑)。
でもあっさり彼氏だなんて紹介しちゃうくらい平然としてて、真冬の新たな一面が見れました♡

それにしても雑誌版では各話冒頭の表紙?に想いのポエムが付いてるのに、コミックス版になるとそれは載らないんですねー。
編集さんが書いてるのかな?
すごくステキな詩なので、こちらにも載ればいいのに。もったいないなぁー。
そして次巻からは新章でしょうか。
立夏が真冬の心を救って、そんな真冬に秋彦の心が救われて、今度は秋彦が春樹の心を救って…。
そんな「given」、サイコーです!!
この先どんな展開に広がっていくのか、今からすっごく楽しみです♪
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
329 件のグローバル評価