カスタマーレビュー

2021年5月20日に日本でレビュー済み
炎の蜃気楼セレクションということで、どんな内容が収録されるのか楽しみにしていました。
書き下ろし小説なども含めこれはこれで良いものなのですが、やはり雑誌から未収録の短編や漫画、契ワインシリーズの特典として書かれたSSなどを網羅した完全版が欲しいですね。あと、イラスト集の完全版も欲しいです。雑誌にあった本編番外編の扉絵や邂逅編の挿絵などが文庫では未収録になっていたりしますし、ピンナップや特集ページのイラストなどもほぼ未収録ですね。
白泉社と(今後を考えると秋田書店もでしょうか)合同で検討してもらいたいところです。セリエミステリーの時のカラーイラスト(一部は既存イラスト集にもありますが)や各種グッズ(テレカやマグカップ等)も網羅していただきたいです。
炎の蜃気楼は過去かなりの数のグッズが出ているのですが今回載せられたグッズの写真もモノクロで小さくちょっと残念ですね。
できればカラーで見たかったですし、グッズについていたメッセージなども見てみたかったです。
カラー印刷にするとさらに値段がということであれば、購入者限定の特設サイトにそれらのグッズの画像をアップして閲覧とかができたら良かったのではと思います。
上記諸々(これ以外にもあればそれも含め)を網羅した完全版是非お待ちしています!

今回の収録内容をざっとまとめましたので参考までに。
・文庫版の表紙(砂漠殉教は未収録。邂逅編単行本版の表紙2点とアウディノスと群青も未収録)
・各先生それぞれ描き下ろしイラストを一枚ずつ
・各先生のカラーイラストをセレクトしたページが各1ページずつ
・モノクロイラスト収録ページ
①東城和実先生:半ページ
②浜田翔子先生:2ページ半
③ほたか乱先生:4ページ半
④高嶋上総先生:半ページ
・桑原先生書き下ろしストーリー(邂逅編~本編まで各一編ずつ):文庫1/3ページ程とのこと。
・お宝画像として過去に発行したペーパーやグッズの写真を収録(詳細は小さくて読めない):4ページ
・目次と初出:2ページ
・桑原先生コメント:2ページ

※既存のイラスト集2点と比較した場合、文庫の表紙の収録は重複するものがありますが、それ以外はほぼかぶらないかと思います。詳細ちゃんと確認したら追記します。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
41 件のグローバル評価