カスタマーレビュー

2021年1月19日に日本でレビュー済み
社会現象を巻き起こしたオグリキャップという馬に少々の思い入れがあり、アマゾンで目にした際に購入。当方にウマ娘というコンテンツに対する事前知識等ありせん。

最初はよくある著名な存在の擬人化モノかと思い大した期待をせず読んでいたが、すぐにその認識を改めた。
ストーリーは笠松競馬場という地方競馬場をモチーフにした学校?トレーニングセンター?にオグリキャップの名を冠する女子が入学することから始まる。恐らく今後登場するエリート校である中央の生徒や設備とのギャップを強調するためだろうが、学校の雰囲気は地方のやる気のない商業高校そのもので生徒と教師の質もそれ相応である。そのような状況下でオグリキャップが突出した成果を出し続けるという史実に沿った展開となるが、もう既に大まかな流れは知っているはずなのにこれが爽快で面白い。
これは従来までの地方馬の概念を破壊するほどの圧倒的成果を叩きだすオグリの存在感もあるが、オグリの走りを見ることで触発されて変わっていく各登場人物達の人間ドラマに見応えがあるからだ。絵も圧倒的な素質を持つオグリの脚を上手く表現できているし、なにより各キャラクターの表情の付け方が上手い。

総じてオグリキャップという史実の存在に対する確かな敬意と作者の競馬に対する熱い気持ちが感じられ非常に好感を覚える。今後の大筋の流れは知ってるはずなのに続きが気になる、非常にいい漫画を知ることが出来ました。
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
5,850 件のグローバル評価