カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2018年8月20日に日本でレビュー済み
外伝として、本編から無理のない派生として作成された本書ですが、約240ページ中、漫画自体は前半の140ページ程度となりますのでご注意ください。
後半部分はキャラクター紹介や、イラストとなります。
キャラクター紹介は「そういやこんなキャラもいたなぁ」と思えるような者まで紹介されており、改めて本編を読み直したくなりました。
イラストについては、単行本の表紙が全てカラーで載っているので、フジリューのイラスト好きには垂涎かと思います。

漫画の内容については封神演義後半のノリと画風に近いと感じました。
個人的に、封神演義は前半〜中盤(仙界大戦迄)が好きなので、そちらの雰囲気で外伝も描いて欲しかったなーと感じてしまいました。
というわけで星4つとしましたが、封神演義好きは買って損はないかと思います。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク