カスタマーレビュー

2021年1月10日に日本でレビュー済み
結婚後、発達障害の診断を受けた夫婦のストーリーです。昔から人と違う、上手くできないなど違和感を抱え、「自分は出来損ないだから」と自己肯定感も低いまま生きてきた妻の知花、いきなり「妻は発達障害」と聞かされ戸惑いながらも妻と向き合う夫の悟など、当事者や周りの人たちの反応がとてもリアルで、発達障害を全く知らないとう方にもとても分かりやすく描かれているのではと思います。
知花の症状は、発達障害当事者には「分かる分かる」と頷きの連続です。
ツラいエピソードもありますが、夫の悟が試行錯誤しながらも知花を受け入れ、知花もそれに応えて自分を受け入れていく様子と、可愛い絵柄とで、優しい気持ちで読めると思います。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク