カスタマーレビュー

2013年3月18日に日本でレビュー済み
流行りものではおおよそ強制的に、選択肢なく気が付いたら異世界だった…というものが多い中で、本作では異世界に行くか行かないかという選択肢が与えられます。
また行く場合の条件もおおよそ提示された上に、準備期間や異世界に物を持ち込む手段まで与えらるというのは新しいですね。

自分だったら…という妄想が好きなヒトには非常に面白いでしょう。
なにかドラマティックな展開を期待すると肩透かしですが(異世界に行くのは充分なドラマでしょうけどw)

まぁ、わたしだったら電化製品を持ち込むというのは本作の肝だからいいとして、百科事典(いまどき紙ものがあるのか知らないが)と農産物・医薬品は持ち込むことを考えると思います。
だって自分が農村出身で、異世界に行く直前にお世話になるおじさんは、農家なんですよ?普通、熱帯に向いた農作物は何かとか、持っていけるかとか考えるでしょう?種だって手に入れやすいでしょうし。少なくとも農具は考えるでしょう。

ちなみに水力発電は、小さな滝程度の高低差を利用した発電方法なので、平地に持ち込むには最も適さない発電方法ですので、その部分はどうかと…。
おまけに現地のヒトが頑張って設置してくれたとか、え?みたいな。
まだ風力プラス太陽の方が、パワーは無くとも安定したでしょうね。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
96 件のグローバル評価