カスタマーレビュー

2018年12月25日に日本でレビュー済み
親とは仲がいい。でも(ゆえに)親と私との間には、バイク所有に関して血みどろの戦いの歴史がある。そんな私の親に見せたい一冊でした。
「趣味」「娯楽」という、ありきたりな一般の単語では処理しきれないライダーのロマンを本当によく捉えていてる。
当時の私が言葉にして親を説得出来なかった、その欲しかった言葉がここにあり、バイク歴10年を超えた今読みながら「そうだよなぁ」「間違いねぇ」と声にだしニヤニヤしてしまう。

二宮アンチだろうが商売敵だろうが、本当にバイクを愛しているバイク野郎なら、決して否定できないバイクのロマンがあるはず。
年末の北海道にツーリングチャレンジする彼には、そんなおBAKAなロマンを実行しない他の誰よりも、バイクツーリングロマンを本にして語るに値する説得力がある。

冬の信州でへこたれそうになっていたのが恥ずかしい・・・年末はどんな寒い所へチャレンジしに行こうかな。読んでてそう思えました。ワクワクしました。
バイク歴の浅い後輩ライダーにも紹介してあげようと思わされた一冊でした。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク