カスタマーレビュー

2008年4月8日に日本でレビュー済み
「我々が法律を作り、我々こそがその支配者たる場所――
 「現代の海賊共和国」――我らの望む穢れた別天地。
 たゆまぬ努力、そしていくばくかの幸運に恵まれ、この田舎町を――
 この街すべてを、俺たちのアジトへと変貌させた。
 (中略)
 それが――この街だ。それがロアナプラだ」

ブラクラはしばらく買っていなかったが、コンビニで立ち読みしている途中で
上記の張アニキの演説にガツンとやられて即購入。

おお、なるほど。
『ブラック・ラグーン』ってのは、そういう話だったのかよ。

今までは、商社マンからならず者にドロップアウトしたロックの成長や
同じラグーン商会の女ガンマン・レヴィとの仲だの、
バラライカ姐さんのイカレっぷりだの、
ドンパチ、ドンパチ、ドンパチだのを中心に読んできたのだが、
ここにきて、舞台となる悪徳の街・ロアナプラの行く末が気になってきた。

というか、内外の悪党どもの間で絶妙なバランスを取ることで存続している
このユートピアの浮沈が、ストーリーの大きな軸だということにようやく気づいた。

ブラクラのドンパチは非常に魅力的なんだけど、次第に飽きてきて、
「ラグーン商会の面々は今日も元気にドンパチやってます」というようなラストを
想像してしばらく買ってなかった。けど、こうなると、
ユートピアの崩壊をもって、この作品は完結するんじゃないかという気がしてくる。

ドンパチ少なめの折り返しの巻、とあとがきにも書かれているが、ストーリーの主軸が
定まってきて、購入の価値ありだと思う。おまけページもわりと好き。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
132 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
19%
星3つ
1%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%