カスタマーレビュー

2017年10月29日に日本でレビュー済み
ハッピーエンドになって良かった!
1〜2巻が読むの辛すぎて、なんでもいいから早く3人を幸せにしてあげてくれ!と思っていました。
3巻で感慨深かったのは、奏真と昇が隼人の印象を語り合う部分です。昇は、当時の隼人は周りに比べても幼くて、良くも悪くも素直なやつ、と話しています。奏真は隼人のことを、頼りになって、周りに気を遣えて、優しいすぎる人だと語っています。それは昇の事があったから、悲しいけれど、隼人を人として成長させたのだろうなと思います。その経験があったから、隼人は奏真を助けることが出来たのだと思います。悲しい繋がりです。最後はやはりBL、隼人と奏真は結ばれました。ただ、この漫画に関しては、別のハッピーエンドもしくはバッドエンドも見たかった気もします。
何はともあれ、ひなこ先生、素敵な漫画をありがとうございました!
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
50 件のグローバル評価