カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2019年12月18日に日本でレビュー済み
エルヴィーラの笑顔が最高に素敵だった。子供が成人するぐらいの年齢的なものを加味してのちょうどいい素敵なおばさんの感じがでていました。こちらも自然に笑みがこぼれました。香月先生の巻末の小説の話もエルヴィーラの話であったので香月先生も影響を受けたのかな?次巻のフェルディナンド様のコンサートが楽しみです。

イタリアンレストランも良かったです。フェルディナンド様のコンソメスープの話はとても好きな話だったので、微妙な表情とか、素晴らしさを語る旋律などは最高に良かったです。

もっと良くなる点というのは、全体的に新しい環境で、楽しい領主の娘生活という雰囲気があるのですが、貴族のマナー、気品さを出すためにローゼマインが努力して苦労している描写がもっとあるといいと思います。基本的にずーっと不安です。家族とも離れて不安だけれども、ここでやっていけるのだろうかという海外に初めて留学したぐらいの期待と不安を追加で表現してもらいたいです。

・ノルベルトと会う前に、馬車から降りるときに俯かないと言われても難しかったとことで、抱きかかえられて下ろすことになりフェルディナンド様にためいきをつかれたところ(マナーをあわせる苦労)
・姫様と呼ばれたときに、本当に自分がそのような環境で生きていけるのか不安になったところ
・ジルヴェスターはおちゃらけキャラだが、領主の権威もありしっかりしている面もある感じを出してほしい

少し注文を出してしまいましたが、素晴らしい表現でした。小説をついつい見返してしまうぐらい良かったです。小説よりも色鮮やかに表情のあるキャラクターがとても素敵です。(もちろん貴族なのでそこそこの表情に抑えないといけないのが難しいところです)それをクリアしていい作品です。次巻も楽しみです!
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク