カスタマーレビュー

VINEメンバー
2018年12月15日に日本でレビュー済み
大好きな漫画のひとつである「サトコとナダ」。
ついに最終巻を迎えてしまいました。
サトコ同様、最初はイスラム圏の文化に怖さや懐疑的な感情がありましたが、だんだん解きほぐされていき、ナダの婚約者アブダーラさん訪米回ではサトコ、ミラクル、ケビンくんと一緒にハラハラしたり、アメリカにいながら日本人コミュニティに居場所を求める留学生の気持ちを知ることができ、読んでいる私も世界が広がりました。 そして、サトコが日本に帰国し、ファミレスでサトコのお母さんが見つけたハラルマークでサトコがナダと過ごした日々を思い出して泣くくだりはこちらも泣いてしまい、サトコとナダが、離れていてもそれぞれの幸せを見つけ、また会えますようにと強く願いました。
だからこそ、巻末の書き下ろし漫画はうれしくも、時の流れの早さを感じ、「ユペチカ先生、この間の空白を漫画にしてもらえませんか!」と切望するくらい二人に驚くような変化がありました。
最後にユペチカ先生がwebインタビューの際に答え、作中で留学がうまく行かず、失意を抱いて帰国するマチコちゃんにサトコが告げた「全部はわかりあえない。わかりあえなくても一緒にいられる」は多様化していく今の時勢に心がざらついたり、振り回されぬよう、胸に刻んでおく言葉だとしみじみ思いました。
それを気づかせてくれた素敵な漫画「サトコとナダ」にありがとう。
また二人になんらかの形で会えることを願っています。
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
90 件のグローバル評価
星5つ
95%
星4つ
3%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%