カスタマーレビュー

VINEメンバー
2009年11月22日に日本でレビュー済み
一言でいうと「美少女キャラ×ハイテンションギャグ」なのですが、ギャグのほうが勝ってる感じです。
一癖も二癖もある脇役の男キャラがわらわら出てきますし、ギャグ調に崩した表情も「多々」ありますので、その辺は念頭に置かなければなりません。

そもそもギャグマンガというものが、雰囲気次第でかなり印象が違ってきて好き嫌いが分かれてくるところなのですが、ヒロイン陣の魅力も引き出そうとしているせいか「どっちつかず」というか「良いとこ取り」というか、難しいものになっています。
全ての要素がツボにハマれば、至高の作品に成りえるのでしょうけれども。

長期連載を前提とすれば中々面白くなりそうな匂いはかもし出してるのですが、月刊誌のコミック単行本は数巻で終わってしまうことも珍しくないため、なぁなぁで終わってしまいそうな不安は残ります。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク