カスタマーレビュー

2020年9月12日に日本でレビュー済み
菅原道真と言うと、悲劇的最期が頭に浮かぶのに、この作品の魅力は、何ともユーモラスなストーリー展開だと思います。内容は緊張感をはらんでいるのに、何とも滑稽なはなしをささえるのは、業平の色男ぶりや、女性陣の美しさだと思っていました。
残念ながら、本巻には、それが希薄です。理由は、絵の荒さです。画力があるのにいぶかしく思うほど画面があれています。登場人物の書き分けもうまくいってませんね。何度も読み返してしまう場面もありました。前後の筋立てから登場人物を推測しなければならない作家ではなかったと思いますのに。
よほど、忙しかったか、対朝でも悪かったのかなあと思いました。
次回作に期待します。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク