カスタマーレビュー

2012年10月14日に日本でレビュー済み
表題作、すごく良かったです。
30才童貞で、純情な小津くん(表紙絵)と、ゲイでイケメンの蘭くんのお話。
あんまり詳しく書き込むとネタバレしすぎてしまうので、チョットだけ触れることに
します。
小津くんと蘭くんとは、恋愛観がまるで真逆のような存在。
小津くんにとっては、もちろん蘭くんが初めてのHの相手となるわけですが、
実は蘭くんにとっても、ある意味小津くんは初めての相手なのです。
このあたりが、すごく素敵です。
恋愛にさえ合理性を求めて、無駄なことはしないし、冷静沈着に計算して動く蘭くん。
そんな蘭くんが、そんな風にスマートには生きられなくなっていく。
蘭のそうした変化が、とても魅力的に語られています。
その反面、蘭に気持ちが傾いていく小津くんの内面も語られるので、切なさ倍増です。
直接的なH表現は少ないのに、恋愛の中でのHの魅力が伝わってきます。
好きな作家さんになりそう〜☆
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち2.9
星5つ中の2.9
7 件のグローバル評価