新品:
¥1,650
ポイント: 32pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 9月28日 - 29日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 27日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
飛び立つ君の背を見上げる (響け! ユーフォニアム... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

飛び立つ君の背を見上げる (響け! ユーフォニアムシリーズ) ハードカバー – 2021/2/13

5つ星のうち4.8 284個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー
¥1,650
¥1,650 ¥854

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 飛び立つ君の背を見上げる (響け! ユーフォニアムシリーズ)
  • +
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話 (宝島社文庫)
  • +
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編 (宝島社文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 宝島社 (2021/2/13)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/2/13
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ハードカバー ‏ : ‎ 320ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4299013514
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4299013514
  • 寸法 ‏ : ‎ 12.95 x 1.78 x 18.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 284個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
284 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 "卒業"を超えて、4人の関係はこれからも、これからも続く。
ユーザー名: ゆきお、日付: 2021年2月14日
吹奏楽部を引退し、進学先も決まり、特にやることのない毎日を送る高校三年の三学期。何気ない日常からこぼれおちた感情が、ちょっとしたドラマを惹き起こす……。
『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話』(2018年)一章と一三章がスケールアップしたような、中川夏樹メインのスピンオフ。3年生キャラが活き活きと動くさまを楽しみ、一方で武田綾乃さんの繊細な、実に繊細な心情表現と情景描写に何度も唸らされ、実に心地良い読書体験を味わうことができた。

『傘木希美はツキがない。』 希美の後ろ姿、揺れるポニーテール。思えば3年前の体育の授業での邂逅から、自分はずっと、この後ろ姿に憧れていたのかもしれない。第一話では、希美が吹奏楽部を去るエピソードが丹念に描かれるとともに「エレキギター」がクローズアップされる。
・「信じてた」「それでも信じてた。うちならどうにかできるって」。この希美の重いセリフを笑顔に変えることが、その瞬間の夏樹の望みだったのなら、なるほど、それは罪だ(p91)。そして希美が去っていった1年生の夏……。
・夏樹と優子の掛け合いはまだまだ健在。「確か、アンコールワット的な……」(p24)「直情型だと思っていたが、頭を使うこともできるらしい」(p64)には笑わせてもらいました。
・1年の時に吹奏楽部を退部し、インストジャズバンドを結成し活動している新キャラ、若井菫も魅力的だ。

『鎧塚みぞれは視野が狭い。』 古風な喫茶店での、みぞれの音大合格祝いから始まる第二話。恋人ほしいか?トークに、みぞれの暴力的な無垢が炸裂する(p134)。それにしても優子、君は本当におもしろい子だな……。
・夏樹が副部長に推された理由。希美の立ち位置。そして田中あすかの恐ろしさよ……。
・ひらかたパークでのアトラクションを楽しむ4人組。みぞれの「フリーフォール」発言と3人の硬直にはニヤリとさせられた(p168)。そして「彼女はためらいなく空へと飛びこむ」(p188)のだ。

『吉川優子は天邪鬼。』 演奏会に向けての練習にも熱が入る第三話。髪を下した夏樹(p217)が新鮮だ。
・個人的には、神戸ルミナリエ(p208)が取り上げられたことに感謝!
・照明を落とした自室で、電飾LEDの青色に照らされながら、優子の言葉に瞳を潤ませる夏樹(p289)。彼女にとって最高にうれしい言葉だろう!
・そしてライブがはじまった。夏樹と優子のツインギターには感無量!

『記憶のイルミネーション』。希美の視点で綴られる初回限定特別短編。
夕暮れのメリーゴーラウンド。夏樹との何気ない思い出話の中に、希美の寂しさが垣間みえる。大学生になった彼女に新しいステージの花開かんことを祈ります。

「誰かに頼りにされていた自分は、本当の自分が必死に背伸びした姿だ」(p14)。それが成長だと気づくとき、少しだけ大人になった自分がそこにいる。夏樹、優子、みぞれ、希美。時が過ぎても4人の関係はこれからも続く、そんな予感を確信して書を閉じた。
3月発売のドラマCDも楽しみ。武田綾乃先生の次回作にも期待しています。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年3月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告