¥5,059
お届け日 (配送料: ¥450 ): 6月18日 - 20日 詳細を見る
通常4~5日以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 クラウデア通信
販売元 クラウデア通信
出荷元
クラウデア通信
こちらからもご購入いただけます
¥6,980
70pt (1%)
& 配送料無料
発売元: マツカメショッピング
¥6,990
発売元: 通販マイスター事業所

マリン商事 スプレーガン

5つ星のうち3.7 90個の評価

参考価格: ¥7,678 詳細

参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
価格: ¥5,059
OFF: ¥2,619 (34%)
新品 (6)点: ¥5,059 + ¥450 配送料

購入を強化する

  • 材質:本体/PP、ノズルトップ・ニードル/銅、ノズルパッキン/TPE、塗料タンク/PE
  • 電源:AC100V
  • 消費電力:550W
  • コード長さ:3m
  • セット内容:本体、ノズル2個、ニードル2本、レンチ、塗料粘度計、クリーニングブラシ、クリーニングピン、取説
最大10,000ポイント還元

よく一緒に購入されている商品

  • マリン商事 スプレーガン
  • +
  • 【洗浄用シンナー 2L】 塗料の洗浄/道具の洗浄/うすめ液
  • +
  • 関西ペイントPG80#026 クリヤー 1kgセット(シンナー/硬化剤/道具付) 自動車用ウレタン塗料 2液 カンペ 透明 クリアー
総額: ¥9,310
選択された商品をまとめて購入

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

登録情報

  • 製品サイズ ‏ : ‎ 30.5 x 11.5 x 27.5 cm; 1.27 Kg
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日 ‏ : ‎ 2019/12/10
  • メーカー ‏ : ‎ マリン商事(Marine Shoji)
  • ASIN ‏ : ‎ B0824D96LY
  • 商品モデル番号 ‏ : ‎ 4533478190387
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 90個の評価

商品の説明

だれでもペンキが速く正確に塗れる。
ハケで塗るより速く、ムラなく、素人でもプロ並の仕上がりが期待できる、電動スプレー吹付け式の塗装機です。
霧状の超微粒子の塗料が、木材・プラスチック・金属にしっかりと付着し、水性と油性どちらの塗料にも使用可能です。
電動ペインターはとっても便利、DIYで大活躍。
広い面積もあっという間に塗装ができます。
凹凸のある場所もムラなく塗装。
ハケで塗りにくい柵等のペイントもラクラク塗装。
木材・プラスチック・金属にしっかりと付着し、水性と油性どちらの塗料にも使用可能です。
選べる噴射パターン&噴射量の調節も可能です。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
90 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年9月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 大きな面積なら値段的に〇さらに追記
ユーザー名: あまぞん、日付: 2020年9月18日
500坪の鉄骨ハウスの骨塗装に使いました。
塗りは単純ですが色々な形の鋼材で構成されているため
裏とか隙間が多く吹き付けには向いています。
前回の作業は10年ぐらい前で、その頃は吹き付け機械は
専用ものが多く当然ですが高くて手がでず
クタクタになりながらハケで地道に塗りました
当然ですがハケは触った所しか塗れません。
若さでなんとか押し切った感じですが流石にキツイ事は
予想できたので吹き付け塗装を考えました。
足場が制限される中で手の届かない1mぐらい
離れた場所でもともかく吹いていればなんとか塗装できる。
隙間、下裏などハケではやりにくい箇所も勢いでなんとかなる
これに尽きます。
結局は3台使いました。
最初の青はなぜかモーターが突然動かなくなりそのまま帰らぬ
人となりました。(実働8時間)
ダメ元で青より3千ほど安いほうを買ってみました。
操作感など特に青との差異はなく
問題ありませんでした。
ただ保管が悪かったのか作業後薄め液にノズル先端部分を
漬けて2日程置いておいたのが悪かったのか、
モーターは動きますが塗料が出なくなりました。
画像右の赤新品との比較がありますが接合部などあれこれ
歪が出て開いております。
同じものを再度購入しましたがブランド名は違うようです。
一代目では感じなかったモーター熱を支える手に
強く感じましたがとりあえずなんとか動いてくれました。

最初あれ?噴射されないと思っても振ったり、オンオフを
繰り返すと結構濃い塗料2に対して薄め液1程度の粘度でも
吹いてくれます。
たまに噴射量が激減したりして好調時の1/10ぐらいに低下したりと
安定はしませんがとりあえず霧状でも出ていればなんとか
復活します。
赤一代目もそうでしたがタンクのパッキンを止める吸い込みストロー上に
簡単にはめてあるリングが多分塗料での変形で取れてしまい
タンクを外すとタンク側にぺったりついてきてしまいます。
特に問題ないですが、塗料注入で剥がさなければならず面倒でしたが
値段みれば仕方ないかもしれません。
こういった鉄骨塗装は屋根材やらを設置したが最後
もうメンテナンスは出来ません。
目先の作業に急がずともかくここで塗装作業をしっかり入れる
ことで耐久性が二倍にも三倍にも伸びると思ってます。
三台で2万程でしたが前記したようにバイト君を雇ったと思えば
安いものです。デリケートな塗装は無理ですが一色ベタ塗りそれも
大量でしたら買って損は無いと思います。ただアクセルスイッチの
中指を酷使するのでそのあたりは注意です。あと外見は塗料だらけでも
タンクと内部ノズルがキレイなら大丈夫なのでともかく作業後は
薄め液でたっぷり一分吹きっぱなし洗浄は大事ですね。
でもまぁ値段からして使い捨てと考えた方が無難かもしれません。
塗る面積が多いほど対価として安く感じると思います。

追記
三か月後、倉庫トタン塗りの機会があったので気が付いた事を書きます。
こういったあまり経験しない塗装作業でさらに
さらには割とデリケートな機械は一回二回の作業では扱いがよく解らず
誤解されやすい事が多いなと感じました。
出ない、ダメじゃんとそこで機械の不具合だと勘違いしてしまっているのが
ほとんどだと思います。
前回で塗料の噴出量が悪くなっても振ったりしてればそのうち
なんとかなると書きましたが運が良かったというか買ってきた
薄め液缶の液体を原液が入る分量だけ別の容器に取り出し
そこにペンキを入れていたため不純物の入る確率が少なかったのと
機械が新品でカスなどが無かったためなんとか乗り切れたという事が解りました。
おそらく夏場で気温も高いため粘度が固くならなかった事も功を
奏したのではないでしょうか。
要はキチンと通水しやすい塗料濃度でやっているか否かだけです。
で、もし出が悪くなった時の対処方法ですが
(画像参照)
粘度の高い塗料を吹き続けると最初は順調でも次第に出が悪くなり
安定しなくなります。ほとんどがゴミとかカスでは無く
ペンキ濃度によるものでした。粘度の高い液を吹いてると
ノズル内にどんどんクリームのようにペンキが貯まり
それが原因で穴が詰まり噴射が悪かったり出なくなったりします。
ノズルを外すと糸を引くようなクリーム状のペンキ液がノズル内に
詰まっていると思います。
解決は簡単で茶碗などに薄め液を漬けノズルを入れ洗う。
安全ピンで裏から表からノズル穴をつつく。
ツツーっと薄め液がノズル穴から滴り落ちたら洗浄完了です。
裏からのぞくと金色ノズルの裏側と小さな貫通した穴が
見えるはずでそこまでやれば間違いないです。
あと、タンク内はどうしても濃い原液が下にあり、薄め液は上側なのでタンクに
三センチ程余裕を持たせ機械を振って攪拌できるスペースを持つのも有効です。
間違いなく復活します。出が悪かったら掃除が足らないか、タンク内のゴミがまた
吸い上げられ上がってしまっただけです。
最初の頃は信用できなかったため電源維持して長いコードをたぐりながら
ペンキ補充位置まで戻り1度噴射を確認してから現場に戻ってましたが、
これが判明してからはコンセントから機械だけ抜いて持って戻るようになりました。
ノズル掃除が面倒くさいと思いますが、慣れれば10秒程の作業であり
ハケ塗りからしたら効率の良さは雲泥の差なので快適な作業のために
私はペンキ液充填の際に画像のようなノズル洗浄をしました。
特に行き着くのが大変な二階などの作業の場合は順調に吹いてくれる事が第一です。
戻るのが困難な現場であれば洗浄用薄め液を入れたボトルとピンを携帯して
ノズルを外しノズル裏から薄め液を垂らし薄め液が穴から垂れるまでピンで
貫通させるのもメンテ現場に戻るのが困難な環境では良い方法かもしれません。
画像右の安全ピンがノズルに刺さっている、あの穴に薄め液を垂らす感じです。
このように
ストレスになく効率よく作業するには面倒くさがらず欠かさずやるほうが結果快調に作業できます。
塗料割合は上記した攪拌スペースをはずした容量で原液と薄め液を半々でやってみて
詰まるようなら原液を少し減らすなどしていくと良いでしょう。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年4月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。レビュー高評価商品スプレーガン・塗料カップレビュー高評価商品塗装用具