新品:
¥704
ポイント: 7pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月26日 火曜日 詳細を見る
この本の出版予定日は2021年10月26日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
Kindle版も発売予定日に自動配信されます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

幼女戦記 (23) (角川コミックス・エース) コミック – 2021/10/26


価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
コミック (紙)
¥704
¥704
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細

キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

出版社より

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (4) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (6) (角川コミックス・エース)
幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (4) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (6) (角川コミックス・エース)
内容紹介 超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!? 魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……? 転生先でエースとして祭り上げられつつあるターニャ。安全な後方勤務を希望するも、なぜか最前線に投入!? 存在Xへの復讐を誓いつつ、部下の美少女・ヴィーシャとの奮闘の日々が始まり……。 ついに念願の平穏な生活が叶う! 軍大学での日々を満喫するターニャ。しかし、ふとしたきっかけで出会ったゼートゥーアとの会話が、まさかこんな因果をもたらすとは……。美味しいパンと清潔な寝床はいつまで持つ? 絶対に応募者が来ないように募集文を推敲したのに――なぜかターニャの大隊には全国から有望な若者が続々志願してきてしまった。エレニウム九五式による精神汚染もあいまって、気づけばなぜだか大隊長でした!? レルゲンの親切な忠告(ターニャ視点)の通り、帝国に攻め入るダキア軍。航空戦力を持たない彼らに、ターニャが下す鉄槌とは――。 ダキア軍での功績が評価されてしまい、再び前線に返り咲く(?)こととなったターニャ。レルゲンや部下達とのすれ違いもますます加速!
幼女戦記 (7) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (8) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (9) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (10) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (11) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (12) (角川コミックス・エース)
幼女戦記 (7) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (8) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (9) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (10) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (11) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (12) (角川コミックス・エース)
内容紹介 言葉を尽くして冬季進軍を止めたターニャ、これでよし!きっと後方へ!と思っていたのに、なぜだか冬季進軍が決まっていました(?)。なんたる舌禍と絶望するも、思わぬ光が差し込んで……? オースフィヨルドにて激突するターニャとアンソン。ついに決着か!?と思われたその時現れたのは…? 自称神に弄ばれ気味の幼女(元サラリーマン)の奮闘記、第8巻!! 絶体絶命の状況となったレガドニアは、亡命政府の樹立に一縷の望みを託していた。しかし、そこに現れるは"錆銀"。アンソンとの死闘は、巡る因果によって、思わぬ介入をもたらすことに……。 第二〇三遊撃航空魔導大隊は極秘行動中の連合王国所属潜水艦と接敵する。ここであの潜水艦を抑えることができれば、今度こそ安全な後方でエリートコースだ! 息巻くターニャだが、現実はそう甘いわけもなく…。 北洋艦隊との艦隊演習を終えた第二〇三遊撃航空魔導大隊。 次の戦地は懐かしのライン戦線。ターニャは再び血濡れた蒼穹を疾駆する! …だけかと思いきや、どうやら今回は新兵の教導も任務に含まれているようで…? 北洋艦隊と行った演習の評判を受け、どっさりと新兵たちを押し付けられた第二〇三大隊。訓練も経験も足りない未熟者たちを剪定すべく、ターニャは過酷な戦場に彼らを投じるが…?
幼女戦記 (13) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (14) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (15) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (16) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (17) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (18) (角川コミックス・エース)
幼女戦記 (13) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (14) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (15) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (16) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (17) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (18) (角川コミックス・エース)
内容紹介 ビアント中佐率いる共和国軍の強襲に見舞われた帝国軍補給拠点、アレーヌ市。この襲撃を受け司令部はターニャが軍大学時代に発案した、「悪魔の計画書」の遂行を第二〇三大隊に命じる。その戦慄の内容とは…? アレーヌ市内に存在する「敵」を殲滅せよ。第二〇三大隊に与えられた任務は、彼らに非情な決断を迫る。積みあがる屍の山。地獄の様相を呈する戦場を前に、良心を苛まれた新兵グランツがとった行動とは…? アレーヌ市街戦を潜り抜けた第二〇三大隊に下された次なる任務は殿軍!彼らを待ち受けていたのはアレーヌの仇「ラインの悪魔」を墜とさんとする共和国軍の猛攻であった。歴戦の猛者たちにかつてない危機が訪れる…。 かつてない死闘を潜り抜けたターニャ達に届いた参謀本部からのおてがみ。記されていたのは「人力誘導ミサイルに乗って、フランソワ軍司令部を壊滅させてきてね♪」というご命令。前人未到のフライトから生還せよ!! 帝国の運命を占う、V-1を用いた二〇三大隊選抜中隊の強襲はフランソワ軍司令部を混乱の坩堝へ叩き落す。だが、この死角外からの一撃さえもゼートゥーアがタクトを振るう神算鬼謀の一端でしかなく―? “衝撃と畏怖”作戦は順調に推移しターニャ達は共和国に引導を渡さんと、一路決戦へ向かう。 帝国の勝利は目前と思ったのも束の間、洋上にて彼女らを待ち受けていたのは連合王国の大魔導師による手荒い歓迎で?
幼女戦記 (19) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (20) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (21) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (22) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (23) (角川コミックス・エース)
幼女戦記 (19) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (20) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (21) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (22) (角川コミックス・エース) 幼女戦記 (23) (角川コミックス・エース)
内容紹介 連合王国軍の強襲を乗り切り、フランソワ共和国首都に進軍する第二〇三大隊。あまりに脆弱な共和国軍の抵抗の様子から、前世におけるダンケルクは起こりえないだろうと高を括るターニャであったが…? フランソワ共和国軍による“ダンケルク”を許した帝国軍。事の重大さをまるで理解していないかの様に見える帝国軍中央参謀本部の真意を問い質すべくターニャは帝都へと飛ぶが―?幼女戦記コミカライズ第一部、完結! ブレスト軍港から逃げおおせたフランソワ共和国軍残党は南方大陸にて帝国への徹底抗戦を宣言する。彼らを撃滅せんと帝国が派遣したのは若き将校、ロメール。そして、銀翼率いる第二〇三大隊という劇薬であった―― 疾風怒濤の勢いで南方大陸に蔓延る自由フランソワ共和国を追い詰めた帝国軍南方大陸派遣軍団。その心臓たる将軍、ロメールは二〇三大隊をも巻き込んで次々と型破りな軍事行動を敢行し…? ロメール将軍の英雄的な活躍は、帝国軍南方派遣軍団の完全充足という結果をもたらした。だが、南方での勝利に酔う帝国は気づいてはいなかった。東方の赤き野望に、己をみつめる世界の怨嗟に。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA (2021/10/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/10/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • コミック ‏ : ‎ 192ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4041121035
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4041121030

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません