購入オプション

Kindle 価格: ¥634

(税込)

獲得ポイント:
6ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[東條 チカ, カルロ・ゼン, 篠月しのぶ]の幼女戦記(23) (角川コミックス・エース)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


幼女戦記(23) (角川コミックス・エース) Kindle版

5つ星のうち4.8 794個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥634
コミック (紙) ¥704 ¥1,410
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【Kindleマンガ ストア】: 人気・新着、お買得タイトルをチェック。Kindle端末がなくても、 Kindle Web Reader ならブラウザでマンガがすぐ読める。
このシリーズの次の1巻 シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 634
獲得ポイント: 6 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

Kindle Unlimited 読み放題対象の少年マンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B09J7ZFL54
  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA (2021/10/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/10/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 193868 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 794個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
794 件のグローバル評価
星5つ
85%
星4つ
12%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2021年10月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 真に恐ろしきは何なのか
ユーザー名: あたし、アスカ、日付: 2021年10月26日
冒頭の神々の傲慢さと、初めてイメチェンしたターニャの可愛さを楽しめる第23巻。表紙のターニャが抱え持つ花束は、ヴァルハラへと旅立った戦友たちへの手向けのようにも見えます。

南方大陸へと上陸早々、破竹の勢いでフランソワを追撃するロメール少将率いる南方大陸派遣軍団。しかし、前巻までの快進撃がウソのように、今巻では敗戦の色がいっきに濃くなります。

各国の支援を受け南方大陸での戦略基盤を築いたフランソワを相手に、もともと戦力の基盤もなく補給線を伸ばすだけの帝国遠征軍がフランソワを追い詰めるには奇襲が効果的かつ唯一の方法でした。
しかし、最初こそロメールの奇襲と奇策でうまくいっていた帝国軍ですが、フランソワと正面からぶち当たる状態になるとその脆さを露呈。ターニャの同期も含め、有能な指揮官が次々と戦死しくという厳しい結果となります。帝国軍で名前ありのキャラが、ここまで死んでいくのは初めてではないでしょうか。

また、これまであまり良いところがなかったフランソワのド・ルーゴ将軍ですが、ここへきてその老獪さを発揮。被害を出しながらも危機的な状況は回避し戦力を温存。その間にトップの国防会議に乗り込んで全権を掌握すると、いよいよ帝国軍にうってでます。
しかもフランソワは帝国と敵対する各国の援助や植民地軍などで物的・人的資源が豊富であり、本国から満足な支援が受けられない帝国軍とは真逆です。
この圧倒的不利な状況でターニャたちはド・ルーゴを相手にしなければなりません。まさかド・ルーゴがこんなに怖い相手だったとは・・・。伊達に将軍をやっていないですね。

しかし、真に恐ろしいのは帝国軍のわずかな指揮官以外は(帝国本国も含め)ロメールの快進撃に未だ酔っているということ。自分たちのノド元にナイフを突きつけられているという事実に気づかず、敗戦どころか楽勝ムードさえ漂っているという点です。
こうなるとロメールの活躍はむしろ逆効果であったとすら言えるでしょう。あらすじに「勝利とは――死に至る病」とありますが、南方戦役だけでなく今や世界中が帝国の敵であるということに早く気付くべきでしょう。

ターニャ自身は、大隊だけでなく3千名からなる戦闘団の指揮を初めて経験。有能さをいかんなく発揮しましたが、それだけで戦況を覆せるわけでもありません。はたしてターニャと帝国軍に勝利はあるのか。

なお、今巻でも迫力の戦闘描写や政治的駆け引きの面白さは健在。巻を積み上げるごとに面白さが増しております。アニメの2期も決まっておりますし、今後の展開がますます楽しみです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2021年10月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年10月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年10月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年10月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト1000レビュアー
2021年10月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年11月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年11月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入