中古品: ¥95
配送料 ¥256 8月 24 - 25日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

人間交差点 17 (ビッグコミックス) 新書 – 1987/10/1

5つ星のうち5.0 4個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥95
¥13
新品まとめ買い 人間交差点
1点以上の商品はAmazon.co.jp以外の出品者から販売または配送されます。
以上
合計 (3/27 冊): ¥1,917
獲得ポイント:  87 pt (4%)

通常配送無料. 詳細

すべての商品はAmazon.co.jpから販売、配送されます。 配送料および配達日はレジでご確認ください。

1点以上の商品はAmazon.co.jp以外の出品者から販売または配送されます。 詳細を見る
1点以上の商品は現在、購入することができません

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 小学館 (1987/10/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1987/10/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 221ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 409181137X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4091811370
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 4個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1947年、山口県に生まれる。早稲田大学法学部を卒業後、松下電器産業に勤務。のち、漫画家として独立。1976年「朝の陽光の中で」で本格デビュー。 人生、人間、社会についての縦横無尽な洞察が弘兼漫画の特徴である。「人間交差点」で小学館漫画賞(1984年)、「課長島耕作」で講談社漫画賞 (1991年)。「黄昏流星群」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(2000年)、日本漫画家協会賞大賞(2003年)。紫綬褒章受章(2007 年)(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『男は「笑顔」だ!―なぜか「人の心をつかむ人」の共通点』(ISBN-10:4860813480)が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
4 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年8月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト50レビュアー
2021年12月5日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 10日間、炎天下で男が穴を掘り続けたのは、なぜか
ユーザー名: 榎戸 誠、日付: 2021年12月5日
コミックス『人間交差点(17)――雨林』(矢島正雄作、弘兼憲史画、小学館)に収められている「追憶」は、欲張り住職の物語である。

海を見下ろす丘の上の福音寺の住職は、銀行から資金を借りてリゾートマンションを作ろうと目論んでいる。ところが、その敷地の一角で穴を掘り続ける男が現れ、住職は困惑する。「こ、こんな登記簿は無効だ、何の価値もないよ、君、ハハハ」。「いえ、土地をどうこうするというわけではないんです。こいつの墓の分だけ海の見える場所を少しだけいただければ結構なんです。私の妻の骨です」。

「それにしても、この土地の所有権を持つ人間は、完全に途絶えたと思っていたが・・・」。

「それにしても3日間も何も食べずに穴を掘り続けるなんて無茶ですよ、今に体を壊してしまう」。「いえ、大丈夫です。何もしてやれませんでした。生きているうちに何ひとつしてやれませんでした。せめて亡骸だけは美佐子が望んだ地に望んだように葬ってやりたいと思っております」。

「それにしても、あきれた奴だ、1週間も穴を掘りつづけて・・・一体どういう作戦なんだ?」。

10日間、炎天下で穴を掘り続けた男は、衰弱し切って救急車で運ばれる際に、住職の手を握って頼む。「あいつが死んだら、私なんか何の価値もない人間です・・・あ、あいつがいたから私も生きられた・・・ありがとうございました・・・思い出す時間をいただけました。・・・私の人生で楽しかったのは、あいつと生きた時間だけです。穴を掘りながら、あいつとの思い出をたどることが出来ました・・・ありがとう。・・・出来たら同じ穴に私を埋めてください。そのつもりで掘った穴ですから・・・」。

住職に、どんな変化が訪れたか・・・。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する