購入オプション

Kindle 価格: ¥495

(税込)

獲得ポイント:
29ポイント (6%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[田村由美]のミステリと言う勿れ(6) (フラワーコミックスα)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

ミステリと言う勿れ(6) (フラワーコミックスα) Kindle版

5つ星のうち4.7 4,363個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥495
コミック (紙) ¥499 ¥142
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
このシリーズの次の5巻 シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 2,475
獲得ポイント: 142 pt (6%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます。支払方法及び返品等についてはこちら

Kindle Unlimited 読み放題対象の女性マンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


このシリーズの一覧 (全11巻)
まとめ買い

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B0845NDZWQ
  • 出版社 ‏ : ‎ 小学館 (2020/2/10)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/2/10
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 39137 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 195ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 4,363個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
4,363 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年2月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
89人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
57人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 連続殺人鬼の親心
ユーザー名: 戦場に咲く黒い薔薇、日付: 2020年2月29日
❝平成の切り裂きジャック❞こと(連続殺人鬼)羽喰玄斗が
息子の十斗に遺した表情(かお)と言葉。
芥川龍之介の『地獄変』を例に出すトコロなんか、
ちょっとかなりぶっ飛んでて、ある意味「さすがだな」とか思ったけど、
彼が息子に愛情を持っているという事は、バシッ!と伝わってきました。
この箇所だけ何度読み返した事か。
それ程、強く印象に残りました。

完全無欠の悪人…てのは、案外「いない」ものですよね。
昔、どうにも対立してばっかりで嫌だった相手が結構いたりするんですが。
大物から小物まで、まぁ、本当にいろいろと。
でも、その相手の全てが悪いという訳ではなかった。
だから厄介だったんですが。
全てが悪いなんて人間は、やはり、きっと、いないのです。
完全無欠の悪人…いたら、ある意味「ラク」ですよね。
でも、いない。 残念ながらいません、きっとね。

羽喰玄斗・十斗親子、とにかく良かったなぁ!
人間の「深淵」とでも言おうか、そういうものを見た気がします。
たった2ページしかないんだけど。
でもそこに人間の「凄み」と「深み」が混在している様で…。
羽喰(殺人鬼)親子の場面、私はすごく好きです。
私にとっては強烈でした。

次いで、我路くん。
「人じゃない」
「あれは 人じゃない」
あのバスの運転手さん、名前、出てこないや(苦笑)。
我路くんにとって、彼が「人であっては困る」って事なのかな!?
この先の展開が(そういう意味で)楽しみになりました。

でも我路くんも、迷惑な人です。
十斗の指輪を整くんに送り付けて。
整くん、巻き込まれちゃうじゃないですか(笑)!
これまた大事になりそうですね。
整くんが我路くんを最終的にどう評価するのか、興味津々です。

我路くんが(見開きで)踊っている絵もとても良かった。
凄く「綺麗」だと感じました。

計4ページ。
とても印象深かった。
これまでのどの巻のどの話、どの言葉よりも、良かったです。
(我路くんの台詞のページは含まれていません。)
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年12月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?