新品:
¥5,280
ポイント: 104pt  (2%)  詳細はこちら
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
マンガの認知科学:ビジュアル言語で読み解くその世界 がカートに入りました

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

マンガの認知科学:ビジュアル言語で読み解くその世界 単行本 – 2020/6/4

5つ星のうち5.0 1個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2020/6/4
¥5,280
¥5,280 ¥7,476

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • マンガの認知科学:ビジュアル言語で読み解くその世界
  • +
  • 芸術の言語
  • +
  • 映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

メディア紹介

★2020.06.29 じんぶん堂 powered by 好書好日 読む/視るとき何が起きる? 紙/電子を越えるリテラシーのために 紀伊國屋書店員さんおすすめの本 評者: 野間健司 氏(紀伊國屋書店 書籍・データベース営業部)

ニール・コーン『マンガの認知科学―ビジュアル言語で読み解くその世界』(北大路書房)が遂に邦訳されたのは、緊急事態宣言下で自宅勤務中に接した朗報でした。著者は……認知科学者にしてコミック作家で、言語学と認知科学の知見を駆使して、(日本のマンガを含む)コミックの視覚の文法に迫ります。原書……も非常に好評でしたが、学術書のスタイルを貫きつつも一般読者に届くポップな論述、マンガ愛が伝わる著者自身のイラストで、ページが進みます。私たちがマンガを読むときに頭の中で起きていることを可視化してくれる、これまた「ビジュアル・リテラシー」の必読書です。

2020年6月30日付朝日新聞 夕刊(大阪本社版)いまどきマンガ塾「視覚表現の多様性 探求」 評者: 雑賀忠宏 氏(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

…本書の主要な議論の対象は、マンガやコミックスのような社会・文化に特殊な視覚的表現のジャンルが成り立つことを可能にする、人間の視覚的コミュニケーションの基本構造だ。コーン氏は、それを「ビジュアル言語」という呼び名で言い表している。

言語の連なりがメッセージとして意味を持つように、私たちは図像の連なりを、いかにしてひとつの「物語(ナラティブ)」として認知し、理解しているのだろうか。そのような根源的な問いについて、本書はマンガあるいはコミックス的な表現を事例にしながら探求していく。そこには、マンガ読者が無意識に行っている「ビジュアル言語」の受容的経験が説明づけられている面白さがある。……

2020年8月16日付京都新聞 評者: 吉村和真 氏(京都精華大学マンガ学部教授)

良い意味でタイトルに裏切られた。本書は単なるマンガ論ではない。認知科学と言語学を駆使した「ビジュアル言語論」であり、「21世紀の文明論」でもある。…マンガは往々にして、世界でも特異な発展を遂げた日本固有の文化と捉えられてきた……対して本書は「ビジュアル言語」という概念を立て、そこにマンガもコミックも広く含め「コミュニケーションのシステム」の一環として捉える。本論前半では、その言語構造を支える語彙や文法を精緻に考察。……後半では、米国、日本、中央オーストラリアという、三つのエリアのビジュアル言語を分析・比較。…三者の共通項を抽出しながら、ビジュアル言語を含めた人間の言語表現にまつわる普遍的な原理を導こうとする。

…マンガに限らず、絵本やイラスト、洞窟壁画や落書きなど、人間による視覚的な言語表現に応用可能な知見に満ちた本書は、「21世紀の文明論」と呼ぶにふしわしい。つまりこの日本語版は、マンガ研究者をはじめ、言語学者や心理学者など、幅広い専門家に開かれた対話を求める重厚な手紙なのだ。

2020年8月7日付 週刊読書人(3351号)評者: 池上 賢 氏(拓殖大学政経学部准教授・社会学・メディア論)

本書はマンガに関する学術的研究のみならず、関連する周辺領域、たとえばイラストや絵本などの研究にも応用可能性を持つ良著である。近年、マンガ〝的〟な表現は、マンガそれ自体だけでなく、企業広告や取扱説明書、教科書や参考書などといった実用的な局面でも目にすることが多くなった。一方、性的な表現が批判されるなど議論となることも少なくない。そのような問題に対処しつつ、マンガ〝的〟な表現の活用を図るためには、それらがどのような物であり、人々がどのように読み取っているのかという点を明らかにすることは欠かせない。本書は、マンガ的な表現それ自体について、社会の中で行われる議論にも多大な貢献可能性を持つといえる。

【推薦のことば】

認知科学と言語学によるマンガ論の新領域!

漫画家かつ研究者ニール・コーン氏の力技に震撼する。

日本のマンガ研究界はどう受け止めるか?

夏目房之介(マンガ・コラムニスト)

________________________

【主な目次】

第1章 ビジュアル言語入門

「ビジュアル言語」とは何か?/ビジュアル言語の構造/本書の概観

●第1部 ビジュアル言語の構造

疑念1――コマは恣意的なサインではない/疑念2――コマの体系的な語彙はない

第2章 ビジュアル語彙〈1〉――ビジュアルな形態

ビジュアル語彙/開放系語彙項目/閉鎖系語彙項目/結論

第3章 ビジュアル語彙〈2〉――コマと構文

コマの一定性/ビジュアル言語の構文/結論

第4章 ビジュアル言語文法――物語構造

コマの系列を理解するための三つの考え/基本的物語カテゴリー/ビジュアル物語の構成素構造/談話と映画/結論

第5章 コマの配置構造による視線誘導

コマ配置の問題/コマの配置構造の制約/結論

第6章 ビジュアル言語の認知

グラフィック形態/物語文法/流暢性

●第2部 世界のビジュアル言語

第7章 アメリカのビジュアル言語

グラフィック構造/形態/物語文法/言語なのか方言なのか

第8章 日本のビジュアル言語

グラフィック構造/形態/物語文法/日本と海外での影響

第9章 中央オーストラリアのビジュアル言語

文化的役割/グラフィック構造/語彙と形態/物語文法/文化と構造との出会い

第10章 等価原理

その他の研究領域/結語

ビジュアル物語

私たちはマンガをどうやって理解するのか?

スコット・マクラウドの名著『マンガ学』の影響を受けた、

次世代の認知科学者 兼 コミック作家による新たな挑戦!

ビジュアル物語

図1-1:ビジュアル物語

マンガ学

図1-2:意味とグラフィックに関する図1-1の構成要素パーツ

マンガ学

図1-3:図1-1の全体環境の空間構造と個々のコマが強調している部分

マンガ学

図1-4:図1-1の物語構造に対して考えられる様々な操作

北大路書房の好評関連書

基礎から臨床まで,ヒトの「認知機能≒こころ」の理解を深める書籍をご紹介。

マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 認知心理学 認知科学 マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 認知心理学 認知科学 感性 感性認知 マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 認知心理学 認知科学 感性 感性認知 マンガ学 言語心理学 文章理解 文化心理学 文章理解 認知心理学 認知科学
グラフィック・メディスン・マニフェスト: マンガで医療が変わる ナラティブ・メディスンの原理と実践 思考と推論: 理性・判断・意思決定の心理学 感性認知: アイステーシスの心理学 音楽と脳科学:音楽の脳内過程の理解をめざして 文章理解の心理学: 認知,発達,教育の広がりの中で
著者 MK・サーウィック,イアン・ウィリアムズ,スーザン・メリル・スクワイヤー,マイケル・J・グリーン,キンバリー・R・マイヤーズ,スコット・T・スミス 著 小森康永,平沢慎也,安達映子,奥野 光,岸本寛史,高木 萌 訳 リタ・シャロン,サヤンタニ・ダスグプタ,ネリー・ハーマン,クレッグ・アーバイン,エリック・R・マーカス,エドガー・リベラ=コロン,ダニエル・スペンサー,マウラ・スピーゲル 著 斎藤清二,栗原幸江,齋藤章太郎 訳 K.マンクテロウ 著 服部雅史,山 祐嗣 監訳 三浦佳世 編著 S.ケルシュ 著 佐藤正之 編訳 大村彰道 監修 秋田喜代美,久野雅樹 編集
内容 マンガという媒体とヘルスケア言説の間の相互作用を探究する新しい試み。その中核は,健康と病いについてのストーリーテリングであり,医学および社会言説においてしばしば周辺化され,タブー視されている,患者の複雑な経験を描き出すことにある。一般患者という概念に抵抗し,矛盾する視点や経験でもって「複数の患者」を鮮やかに表現しようとするムーヴメントへの誘い。 ナラティブ・メディスンは,全ての診療において必要とされる「語ることと聴くこと」から生まれる感情と間主観的関係の重要性を強調する。それは患者と医療者,学生と教員,そして彼ら全てと社会を強く結びつける。人文学と医学を架橋するリタ・シャロンらによってコロンビア大学に創立された医療者のための全く新しい教育法の全貌が,今ここに明らかにされる。 現代的な思考心理学では,確率的説明が重要な位置を占める。その理解に必要な確率判断を解説。論理ベースでの発展に続き,二重過程理論やプロスペクト理論等の確率に基づく説明に至る。感情や合理性の影響がもたらす複雑さにも踏み込む。 感性を,美や快といった評価に止まらない「包括的,直観的に行われる心的活動およびその能力」と定義し,その様々な表現や現象を知覚心理学や認知心理学の立場から実証的データに基づき検討。同時に,その方法論や知見を通して感性の特性やプロセスも考察し,「感じること」と「知覚すること」を双方向からアプローチする。 なぜ音楽は私たちを魅了するのであろうか? この問いに対し,言語の獲得同様,生来備わる学習能力を基盤として形成されていく認知過程,またそれを支える神経基盤を中心にそのメカニズムについて詳説する。最新の脳機能測定技術による知見を踏まえ,脳と音楽の研究に関心をよせるすべての人々に包括的レビューを提示する。 70年代から現在[90年代]までの,「文章理解」に関する認知心理学,教育心理学の成果を概観し,「文章を読む」ことにかかわる心理学的内容を,体系的にまとめる。文章を読むことはあらゆる活動の基礎となり,教育的,応用的なトピックまで論じることにより,実際的な応用まで展望する。

商品の説明

出版社からのコメント

認知科学と言語学によるマンガ論の新領域!
漫画家かつ研究者ニール・コーン氏の力技に震撼する。
日本のマンガ研究界はどう受け止めるか?

夏目房之介(マンガ・コラムニスト)



●日本の読者の皆さんへ

南カリフォルニアで育った14歳のときに、親友のお兄さんが日本の大学に留学しました。親友はお兄さんが持ち帰った数冊のマンガに興味がなく、それらを私にくれました。マンガが米国で翻訳出版される前のことでしたから、日本語が読めなかった私は、絵を読むことでストーリーを理解しようとしました。この経験から、絵が言語としてどのように働くのか、文化による「ビジュアル言語」の違いがあるのか、を意識するようになりました。いろいろな面で、この経験は本書で述べたアイデアの基盤を作ったといえます。
本書が日本で出版されることをとても嬉しく思います。言語学と心理学を研究するようになる前の私の専攻は日本と仏教に関するアジア研究で、交換留学生として都留文科大学で学びました。私のビジュアル言語研究の多くは、これらの経験、とりわけ比較文化への関心に由来するものといえます。
私の研究の翻訳は中澤 潤先生以外は考えられません。彼はコミックの心理学研究を最も早く開始した研究者で、私の研究に影響を与えてくれました。私の拙い日本語で書いても心許ないので、本書が彼の翻訳で読めるなら安心です。
マンガ研究は日本で長い歴史があります。私の考えや研究が日本語になり、マンガ研究に直接貢献できるなら、嬉しく思います。

ニール・コーン
2020年2月
オランダ、ティルブルフにて

内容(「BOOK」データベースより)

私たちはマンガをどうやって理解するのか?スコット・マクラウドの名著『マンガ学』の影響を受けた、次世代の認知科学者兼コミック作家による新たな挑戦!

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 北大路書房 (2020/6/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/6/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 288ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4762831085
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4762831089
  • 寸法 ‏ : ‎ 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。