¥22,772
ポイント: 310pt  (1%)  詳細はこちら
最も早いお届け日: 5月17日 月曜日 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 ECカレント
販売元 ECカレント
出荷元
ECカレント
販売元
こちらからもご購入いただけます
¥21,800
+ ¥770 配送料
発売元: ソニー特約店 サウンドイレブン
¥22,750
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: ★決算セール開催中★
¥23,000
230pt   (1%)

& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか?

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ライティング機能搭載 / 最大24時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB43 B

5つ星のうち4.5 433個の評価

価格: ¥22,772
ポイント: 310pt  (1%)  詳細はこちら
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
ブラック
単品

購入を強化する

ブランド ソニー(SONY)
ブラック
モデル名 SRS-XB43 BC
電池寿命 24 Hours
商品重量 2950 グラム

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • スマホの音が、生まれ変わる。響きわたる高音質、圧倒的な重低音と大音圧
  • ・X Balanced Speaker Unit による 2 Way Speaker System
  • ・ExtraBass重低音+ライブサウンド機能
  • ・ファブリック素材を採用、防塵・防水(IP67)、防錆(ぼうせい) 仕様
  • ・ライティング機能(ラインライト)
  • 同梱商品: ACアダプター(USB Type Cケーブル一体型)
  • 出力音圧レベル: 50 watts
  • メーカー保証年数:1年
もっと見る

よく一緒に購入されている商品

  • ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ライティング機能搭載 / 最大24時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB43 B
  • +
  • Amazonベーシック ステレオミニプラグ オーディオケーブル 3.5mm 0.6m
  • +
  • ソニー Sony SRS-XB43 Bluetooth ポータブルスピーカー 専用保護収納ケース-Aenllosi (ブラック)
総額: ¥26,504
ポイントの合計: 317pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

類似商品と比較する


ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ライティング機能搭載 / 最大24時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB43 B
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ライティング機能搭載 / 最大24時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB33 B
ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ 最大12時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB23 B
Tribit XSound Go Bluetooth スピーカー IPX7完全防水 24時間再生 16W Bluetooth5.0 TWS対応 低音強化
Anker Soundcore Motion+ Bluetooth スピーカー 防水 高音質 重低音 apt-X 30W出力 12時間連続再生 IPX7 パッシブラジエーター iPhone & Android 対応 ブラック
Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカー スペシャルエディション トリプルブラック
カスタマー評価 5つ星のうち4.5 (433) 5つ星のうち4.5 (204) 5つ星のうち4.5 (319) 5つ星のうち4.3 (2205) 5つ星のうち4.4 (1268) 5つ星のうち4.4 (2220)
価格 ¥22,772 ¥16,895 ¥12,000 ¥3,499 ¥9,999 ¥23,222
販売者 ECカレント BTネット Amazon.co.jp TribitDirect AnkerDirect Amazon.co.jp

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

色:ブラック  |  パターン:単品

詳細情報

登録情報

商品ガイドとドキュメント

商品の説明

色:ブラック  |  パターン:単品

■X-Balanced Speaker Unitにより響きわたる高音質と圧倒的な重低音:新開発 約61×68mm口径の超楕円形ウーハーの「X-Balanced Speaker Unit」2基に加え、新設計Φ約20mmのツイーターも搭載。X-Balanced Speaker Unitによる2 Way Speaker Systemが、高音質の広がりと圧倒的な高音圧で力強い低音の両立を実現。さらに、低音を強化する「EXTRA BASS」モードを搭載。サイズを超えたパワフルな重低音サウンドを楽しむことができます。また、高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」、推奨サウンド設定を実現する「ClearAudio+」など、ソニーが培った先進の高音質技術も投入。ソニーならではの高音質で大好きな音楽をより楽しむことができます。
■X-Balanced Speaker Unitの効果:スピーカー本体はコンパクトなまま、スピーカーユニットの形を変えることでユニットサイズを最大化を実現。さらに、超楕円形ウーファーの採用により、圧倒的な音圧と、ボーカルの声や音に厚みが生まれ豊かな低音を実現。
■迫力の重低音を楽しめる「EXTRA BASS」モード:低域を強化する「EXTRA BASS」モードを搭載。クラブやライブ、フェスにいるような重低音の迫力を楽しめます。
■迫力の重低音を体感「デュアルパッシブラジエーター」:低域を効果的に増強する「パッシブラジエーター」を2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。X-Balanced Speaker Unitの採用に合わせ、本体の前後から両サイドへ配置を変えることで従来モデルよりもパッシブラジエーターの面積を拡大。更なるキレと存在感のある低音域を実現。さらに、DSP(デジタルシグナルプロセッサー)の低域増強機能により中・小音量時にも音楽を心地よく聞けるように設計されています。音量ごとに低域、高域のブースト帯域や量を変えるため、屋内や夜間などに音量を下げた状態で音楽を再生しても、明瞭で心地よいボーカルと重低音を再現します。
■ライブ会場にいるような臨場感「ライブサウンド」モード:DSP処理により歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散。音が広がるとともに、自宅にいながらライブ会場にいるような臨場感を実現。SRS-XB43では、ソニー独自のアルゴリズムによりボーカルの声や拍手の音など、これまでの「ライブサウンド」モードに比べさらなる臨場感が体感できるよう新たなチューニングを実施。
■圧縮音源を原音により近い音で再現「DSEE」:圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完しクリアに再現する「DSEE」。音楽配信サービスなどの圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生します。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れしにくい自然な音で楽しめます。
■幅広い音声コーデックに対応:高音質コーデック「LDAC(TM)」に対応。従来比、最大約3倍(*)の情報量でBluetooth高音質再生を実現。また、iPhoneの高音質コーデックAACにも対応しているから、iPhoneに保存された音楽も高音質で楽しめます。* Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)との比較
■防水・防塵・防錆(ぼうせい)、お風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも使える。ロングバッテリーだから安心して使える:防水(*1)対応で、お風呂やキッチンでも音楽を楽しめます。防塵(*2)対応かつサビにも強いので、海やアウトドアでも使えます。IP67(*1)(*2)に対応。5時間の充電でSTAMINAモード時には24時間再生(*3)、EXTRABASSモード時には14時間再生(*4)ができるバッテリーを内蔵。バッテリーを気にせず安心して使用できます。*1 防水性能は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されています(IPX7相当)*2 防塵試験用粉塵が本製品内部に入らないように保護されています(IP6X相当)*3 サウンドモードをSTAMINAモード、Lighting Off時、音量は約半分で使用の場合。工場出荷時の設定からサウンドモード、Lightingを切り替える必要があります。切り替え方法は、取扱説明書やヘルプガイドでご確認ください。音量や再生楽曲、周囲の温度など使用状況により、記載の時間と異なる場合があります*4 サウンドモードをEXTRA BASSモード、Lighting On時(工場出荷時の設定)、音量は約半分で使用の場合。音量や再生楽曲、周囲の温度など使用状況により、記載の時間と異なる場合があります
■持ち運んでも安心して使えるロングバッテリー:5時間の充電でSTAMINAモード時には24時間再生(*1)、EXTRABASSモード時には14時間再生(*2)ができるバッテリーを内蔵。リビング、キッチン、お風呂はもちろん、ビーチやキャンプ、バーベキューなどに持ち運んでも、バッテリーを気にせず長時間使用できます。*1 サウンドモードをSTAMINAモード、Lighting Off時、音量は約半分で使用の場合。工場出荷時の設定からサウンドモード、Lightingを切り替える必要があります。切り替え方法は、取扱説明書やヘルプガイドでご確認ください。音量や再生楽曲、周囲の温度など使用状況により、記載の時間と異なる場合があります*2 サウンドモードをEXTRA BASSモード、Lighting On時(工場出荷時の設定)、音量は約半分で使用の場合。音量や再生楽曲、周囲の温度など使用状況により、記載の時間と異なる場合があります


メーカーより

     
高音質・コンパクト SRS-XB23 重低音・高音質 SRS-XB33 重低音・高音質・大迫力 SRS-XB43
実用最大出力 14W(7W+7W) 30W(15W+15W) 50W(25W+25W)
スマホへ給電
NFCカンタン接続
オーディオ入力端子
充電 USB Type C USB Type C USB Type C / ACアダプター
質量 約580g 約1,100g 約2,950g
使用スピーカー 約42mm×51mm(フルレンジ)×2 約48mm×70mm(フルレンジ)×2 約61mm×68mm(ウーファー)×2, 直径約20mm(トゥイーター)×2

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
433 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年7月4日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
107人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月4日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 凝縮されたヤンキーの車
ユーザー名: Amazonカスタマー、日付: 2021年3月4日
部屋でくつろぎながら手軽に音楽を聞きたくて、スマホでコントロールして音楽を再生できるBluetoothスピーカーを選びました。
経験上、スピーカーはケチると必ず後悔するのでせっかくだしSONYの中でも一番いいやつにしました。が、結果、逆に後悔することになりました。

褒めちぎっている人たちはなぜ少しでも後述の点に触れて書いてくれていなかったんだい。

いい点は他の方がたくさん書かれているので省いて、悪い点を詳述します。

■SONYのやる気のなさが窺える公式アプリMusic Center

このスピーカーの設定などは基本的にSONYの公式アプリ”Music Center”で行えます。しかしこれがあまりにもひどい。

1)大雑把すぎるイコライザー
信じがたいことにイコライザーはBASS/MID/TREBLEのたった3バンド……。しかも±方向に10段階のみ。しかも弄ったイコライザー設定をカスタムプリセットとして保存したり呼び出したりすることは出来ないので、聞く曲によってイコライザー設定を変えたい場合はその都度いちいち弄り直す必要がある勝手の悪さ。
(画像は実際のイコライザー設定の画面です)

救いがあるとすれば、イコライザー設定はスピーカー本体に保存されるため、一旦設定して以降変えないのであれば二度とアプリを使わないことが可能なこと。

2)いちいち謎の読み込み
一瞬でも閉じると(アプリを完全に終了するわけでなく、iPhoneのホーム画面に戻ったりしてバックグラウンドに回すだけ)再度開いた時にまた謎のぐるぐる読み込み待ち。しかも選曲してアルバムや設定などの階層をいくつも進んでいたものもそのたびに強制的に機器のトップメニューに戻され一からやり直し。

やる気のなさを隠す気もないほど、ソフトをまともに作る気がないんでしょう。いまどき中華製のアプリだってもうちょっとまともです。謎の読み込みは最適化すらしていないということです。
どんなハイスペックパソコンでもまともに動かない、必ずフリーズして強制終了すらできなくなる伝説の激重欠陥音楽管理ソフトSonic Stageの時代から全く進歩していません。ガッカリ通り越して呆れます。

3)中途半端で不完全な機器コントロール
スピーカーの電源はアプリから切ることができますが、オンにするには本体の電源ボタンを押さなければなりません。ベッドでくつろいでいてふと音楽聞こうかななんて思い立った時なんか、逆が欲しいんですが・・・。
 

4)アプリアイコンの見た目がしょぼいフリーアプリ並みのデザイン
百聞は一見にしかず。これはスピーカーを購入していなくてもアプリストアで確認できますからぜひ見てみてください。私の言っていることがお分かりになるかと思います。素人が無料のロゴデザインアプリで30秒で作ったレベルです。ホーム画面に置いておくのすら嫌なレベルです。

■小音量〜中音量では聴けたものではない
このスピーカーの場合、音量出力は音楽ソースの出力デバイスの音量出力に100%依存します。ここでは例としてiPhoneを挙げます。
ほどほどの音量でBGMとして曲を流したいと考えているなら(私はそうでした)そういう使い方(音量)ではまともに聴けません。iPhoneの音量40%以下ではズンズンドコドコ低音ばかりしゃしゃり出て、中高音以上がスピーカーの筐体内部の方で細くこもってような状態です。
それ以上音量を上げてようやく音が前に出てきますが、そのレベルだともはやBGMとしてはうるさすぎるレベルです。アパートなど集合住宅だと確実に苦情物、一戸建てでも夜間は近所迷惑に気を使うレベルです。
これで音楽を楽しく聴ける音量は、かなりうるさいレベルです。なので、近隣への騒音に気を使わなければならない環境では気持ちよく使えないと思います。せっかく買ったのに我慢して音量を絞ってこもった音でストレスを感じるか、近所迷惑になっていないか気にしながら聞くか……音量を大きく上げられない環境なら誇張抜きでラジカセの方がよっぽど気持ちよく音楽を聞けると思います。

大きなスピーカーはこのように出力を上げないとバランス良く鳴らないということはままあります。それがPC用のアクティブスピーカーとかなら、ソースの出力側を絞ってスピーカーのボリュームを上げるなどしてバランスを取ることができますが(スピーカーのボリューム2でPC側の出力音量10でバランスが悪ければ、PC側の出力を絞りその分スピーカーのボリュームを上げると結果として同じ音量でも後者の方がバランスよく鳴るということです)、これの音量は出力デバイス側の出力音量のみに完全に依存するのでそのような調整は不可能です。
じゃあイコライザーでなんとか誤魔化せば……と思っても無理です。肝心のイコライザーは3バンドかつ±10段階であることを思い出してください。

『基本的にはBGMをゆっくり流したりしてイージーリスニングに使いたいけど、たまに大音量で聴きたいし、どうせ買うならXB23やXB33より大きくて出力に余裕のあるこれにしよっかな〜』と考えているなら小さいモデルの方がかえっていい感じに聴けるのではないかなと思います。

■気持ちよく聴けるのはEDMとアニソンだけ
イコライザーを弄る前から基本的に異常なほどドンシャリです。
昨今のこうしたドンシャリ全開のスピーカーで聞くようにMIXされているEDMやアニソンなら爆音にして楽しく聴けます。ただしそれ以外は壊滅的です。バンドサウンドもオーケストラもピアノカルテットもダメです。特にアコースティック系は聴けたものじゃありません。ピアノソロなどは一台の楽器に聞こえません。なぜなら低音が異常にしゃしゃり出て、なおかつ締まりがないためぼわぼわと広がって中高音は筐体の中で鳴っているような状態だからです。
バンドの場合、まるでステージの中央前列にドラムセットとベースのアンプがフルテンで設置されていて、その後ろでギターやボーカルが演奏しているような感じに聞こえます。

スタミナモードという省電力再生モードがあり、これをオンにすると低音の出力が大幅に抑えられるので常にこの状態で使うことでフラットに近くなるので多少マシになります。

■設置向きがシビア
定位感がかなり強く、近距離に設置してまともに視聴するためにはスピーカーの向きと耳の向き・位置をかなりシビアに合わせないと違和感が強いです。そんじょそこらのモニタースピーカーよりシビアです。
とりわけツイーターの指向性が強く、正面で3m以内程度の距離だと、ほんの少し右か左にずれるだけでも、音の左右バランスが大きくずれているような、冗談抜きで”片耳詰まってるかな?耳抜きしなきゃ”と勘違いするほどの極めて強い違和感を覚えます。聞いていて気持ち悪いです。
自分とスピーカーが向かい合わないようにすることで多少は緩和されます。中高音が正面より聴きづらくなるので違和感がありますが……。どうしても近距離に設置して聞きたい場合は、筐体を自分と真反対の壁や板に向けたり、そっぽ向かせて音を反射させるしかありません。筐体背面には電源ポートなどを覆ったラバーの蓋が配置されているので見た目は最悪になります。
(高音の指向性の強さについてはそもそも音の伝播の特製ですが、それにしたってこのスピーカーの癖は強烈です)
ただし集合住宅でこの方法を使うと隣人がおかしくなってしまう可能性があるので真似しないでください。

■完全防水ではない
商品説明にこうあります。
「防水・防塵・防錆(ぼうせい)、お風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも使える。ロングバッテリーだから安心して使える:防水(*1)対応で、お風呂やキッチンでも音楽を楽しめます。」
「防水性能は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されています(IPX7相当)」

一方で保証書には防水の”非対象”となる液体の例にこう書いてあります。
「石けん水、洗剤や入浴剤の入った水、シャンプー、温泉水など」
またこうも書いてあります。
「本機は耐水圧設計ではありません。シャワーなど、高い水圧がかかる場所でのご使用は故障の原因となりますので避けてください。」

風呂場で楽しめますよと宣伝しながら入浴剤の入った水やシャンプーは壊れかねないから対象外な、あとシャワー掛かるところで使うと故障の原因になるから使うなよというのはなんか矛盾してませんか?
この点はちょっと騙された気になりました。
風呂場で使ってちょっと水が掛かったくらいでそう簡単に壊れるとは思いませんが、万が一それで故障した時に保証を受けられるかという点でリスクがあることを頭に入れておくべきでしょう。

■光らんでよろしい
音に合わせてピカピカ光ります。パーティじゃあるまいし普段のリスニングでピカピカ光っていると鬱陶しいことこの上ないです。充電式なのに音以外に無駄に電力消費されるのも面倒なだけです。アプリの設定で発光パターンを変更できるほか、完全にオフにすることが出来るのが救いです。
スピーカーが光ってそんなに嬉しいですか? SONYがどう考えているのかどうかは知りませんが、競合メーカー品が光れば自社品も光らせざるを得ない、しょうもないマーケティングの原理ですね。

■いちいち喋らんでよろしい
LEDピカピカでパリピ感を演出している一方で、接続時の音声ガイダンスがダサいです。
電源を入れてデバイスが接続されるたび「ブルートゥース、接続しました」と壮年の女性の地味な声が流れます。ちょっとしたことだけどかなり萎えます。ていうか自分で接続したんだから接続されたことぐらいいちいち教えてくれなくても分かってます。いりますかこの声?マーケティングで商品を作るなら徹底的にやってほしいものです。この通知音は他の音に変えたりオフにしたりできません。デバイスとの接続を切断したときも同様です。いまどき安物のカーナビでももう少しマシな声で案内してくれます。
この点JBLのオンオフはそれぞれ「テレレッ」「テケドゥン」と短いサウンドです。どちらがいいかは完全に好みでしょうが。

■NFC接続はiPhoneでは使えません
(これはマイナス考慮には入れていませんが情報として書いておきます。)
NFC対応のデバイスをスピーカーにタッチするだけで接続/解除できる機能を搭載していますが、この機能はiPhoneでは利用できないということを理解しておく必要があります。
iPhoneのNFC対応については、iPhone7以降/iOS13以降でNFC機能を搭載・動作サポートされていますが、これらは個々の特定のアプリ・特定の動作のみに限った話です。iPhoneでこのスピーカーのNFC機能は利用できないので普通のBluetooth機器のように手動でペアリングや接続/切断を行わなければいけません。(箱や説明書にはNFC接続できるよと書いてあるものの、iPhoneは無理だべと明言されていないので念のためSONYに確認しました)
とはいえ一度ペアリングしたら次からはスピーカーの電源を入れたら自動で接続されるのでその点に煩しさはありません。

■あの頃のSONYはいずこ
SONYのオーディオはどんな曲でも綺麗に楽しく聴かせてくれる優等生的なイメージだったんですが、もうかつてのSONYではないのかもしれません。
もはやドォン!ドォン!(シャリシャリシャリ…)です。
スピーカーのハードウェア的な質は非常に高いものだと思いますが、過剰に低音ブーストされた滅茶苦茶なイコライジングというソフトウェア的な問題で全てが台無しです。まるでステーキレストランに入ったら霜降り高級松坂牛肉を炭同然真っ黒焦げになるまで焼いて突き出されたような話です。
こうしたドンシャリ傾向は市場のニーズあってのものだとは思います。ことの始まりは10年ほど前、みんなの音楽ソースがMP3に切り替わり、イヤホンといえばシャカシャカで低音に迫力のないものが当たり前な中で、SONYの低音ブーストイヤホンは低音がすごく元気に出ていて魅力的でした。多くのメーカーが市場のニーズに応えて低音ブーストにしのぎを削っていくうち、いい音とは何か・楽しい音とは何かを見失い、まるで低音が強く出れば出るほどいいものであるかのように錯覚しているように感じます。今回これを買うまでにいくつも見比べましたがそんな売り方の商品ばっかりでした。優秀なエンジニア達がプライドを持って調整して「これこそ最良の音」として我々消費者にオーディオを提供してくれていたかつてと違って、今は意識高い系がマーケティングの名の下に市場に迎合して商品を作っているとしか思えない代物ばかりになってしまったと感じます。
SONYもヘッドフォンは今でもいいものを作っているのに、これとは企画や開発の部署が全然違うのかなと思ってしまいます。

以上、悪いところばかり挙げましたが、ノリノリの音楽を爆音で鳴らすと本領発揮して元気のいい楽しい音がします。そのへんは他の方が褒めているとおりですね。
もし外でBBQしながらBGMを掛けようとか考えているなら、近所迷惑にならないかということも考えながら使わないといけないぐらい騒音レベルの大出力で爆音が出ます。僕は隣人に外でこれを使われたら嫌なので外では使いません。

ちなみにJBLのPartybox100の方はこれのように中音域がこもっているとかどうの以前にそもそも鳴っていなくてスカスカでした。ヤンキーの車並に悪趣味にズンドコ響くだけの無駄にでかい箱でした。ズンドコ節っぷりはこれも大差ないですが。

毎日屋外で爆音EDMダンスパーティ三昧の人には最高のスピーカーだと思います。
しかし、音楽を部屋で気軽によい音で楽しみたいだけだった僕には、お金を払ってストレスを溜めるだけの代物でした。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月22日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月22日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 Bluetooth接続速い ライブモードがゴキゲン
ユーザー名: アンプ大好き、日付: 2020年7月22日
Bluetooth接続が電源を入れて即完了すると感じる程早くて感心しました、TV スマホ
プロジェクターどれと繋いでも同じ結果でした、JBL boombox DOSS soundboxXLだと
ちょっと間が有って繋がる感じなので・・
スマホがソニーのXPERIAなんで以前から、
ソニーのBluetoothスピーカーが欲しかった
んですがコレというモデルが無くて今回新製品のXB-43の評判がヨサゲだったので購入
しました、音質に関しては良好と言って良いと思いました、全ての音域で特に気になる点は無くてライブモード使用時の拡がりの有るサウンドはゴキゲンです。Bluetooth
スピーカーの弱点で有るステレオなんだけどステレオらしさを感じずらい所に対処した機能として有効です。イルミネーション
について私は特に否定派でも肯定派でもないのでノーコメントとします。2万円以上の
価格帯のスピーカーですから音質や質感は
当然それなり以上を期待して購入しましたがライブモードを私は特に気に入りました
TWS機能を使わず1台でシステムを構築させたい方は購入を検討されても良いのではないでしょうか。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月20日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月3日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月29日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月22日に日本でレビュー済み
色: ブラックパターン: 単品Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告