購入オプション

Kindle 価格: ¥713

(税込)

獲得ポイント:
8ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[芝村裕吏, キムラダイスケ, ひぐちアサ, 草水敏, 恵三朗, 藤島康介, 高橋ツトム, 木尾士目, 北道正幸, 久野田ショウ, 沙村広明, 幸村誠, ヤマシタトモコ, 横山キムチ, 藤沢数希, 井雲くす, 端野洋子, 清家雪子, 篠房六郎, ほづみりや, 瀧波ユカリ, 安彦良和, 市川春子, 西本英雄, 芦奈野ひとし, 木村紺, 西尾維新, チョモラン, 高松美咲, 森田るい, カラスヤサトシ, 庄司創, 永田礼路, アフタヌーン編集部]のアフタヌーン 2016年1月号 [2015年11月25日発売] [雑誌]

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

アフタヌーン 2016年1月号 [2015年11月25日発売] [雑誌] Kindle版

5つ星のうち4.6 3個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥713
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【Kindleマンガ ストア】: 人気・新着、お買得タイトルをチェック。Kindle端末がなくても、 Kindle Web Reader ならブラウザでマンガがすぐ読める。
このシリーズの次の5巻 シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 3,565
獲得ポイント: 39 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

Kindle Unlimited読み放題対象のマンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


商品の説明

この雑誌について

迫力のボリュームでお届けする、マンガ好き読者のためのコミック誌 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B0186WBASY
  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社; 月刊版 (2015/11/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/11/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 223584 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 952ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 3個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
3 件のグローバル評価
星5つ
62%
星4つ
38%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト50レビュアーVINEメンバー
2015年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 「恋愛の数値化のみならず実践必勝法を描く野心的な試みの新連載。」
ユーザー名: £‥±±、日付: 2015年11月29日
 1000頁近くの質の高い連載・掲載作を誇る青年月刊漫画誌の最高峰。
 巻頭では三池崇史監督、木村拓也主演で製作進行中の元本誌連載作「無限の住人」映画版特集を掲載。
 
 (少し内容に触れています)

 【新連載】
●藤沢数希氏・作、井雲くす氏・画「僕は愛を証明しようと思う。」巻頭カラー。
 世間知らずの弁理士が恋人だと思っていた女性に二股を掛けられた事から愛と己が欲望を見つめ直し、科学的に女性を物にする法則を発見、実践に成功したらしい人物に弟子入り。
 コメディでは無い形で斯様なテーマを漫画家するのは少々リスキーな気も致しますが、次回への引きは充分。
●短期集中連載:端野洋子氏「ハッピーエンド?はじまりのはる4」
 福島在住の端野氏が、再び「3.11」前後の地元住民の様子を幼馴染の男女を主役に等身大に描く。絵柄がシンプルに成り、キャラクターの区別が少し困難に。

 【表紙】
●木尾士目氏「げんしけん二代目」日光の時限強制カップルゲーム、いよいよ佳境に。

 【巻頭カラー】
●芝村裕吏氏・作、キムラダイスケ氏・画「マージナル・オペレーション」日本を半ば追い出される形でタイに来たアラタと少年傭兵団。そこで彼らを迎えた華僑の女性から苦いニュースを。

 【読み切り】
●久野田ショウ氏「三途の川でワルツを」四季賞萩尾望都賞受賞作。
 人を助ける為に車にはねられたニート青年が目を覚ますと目の前は花に囲まれた川が。
 突如現れた少年は「ここは三途の川」、と言い、自分が川を渡る前に遣り残した事の協力を青年に求める。
●森田るい氏「妹たち ~続・お姉ちゃんの妹~」9月号掲載作の続編。
 姉の為に生きる様作られたアンドロイドの妹は、姉が自立した際に土星開発の為に宇宙に旅立った筈が…。
 前作よりしっかりSFしている様なしていない様な、実に面白い作品。

 【集中連載】
●高松美咲氏「カナリアたちの舟」最終回。
 地球を滅ぼし、多くの人類を己が利益と楽しみの為に眠らせ捕獲した宇宙人は、更に高位の存在によって粛清されていた…。
 唯一、人類に同化して居た為に生き延びた宇宙人と、彼に目覚めさせられた地球人少女。
 果たして絶望と不安に満ちた両者に接点は有るのか?

 【シリーズ掲載】
●永田礼路氏の「螺旋じかけの海」シリーズ最新作「花と揺れる嘘(後編)」遺伝子汚染は発現者に利害双方与えるが、マイナス面が出たアキを慕うナナオは水商売で治療費を稼ごうとする。

 【連載作】
●ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」ジュニア・プレーヤーの2割が故障を抱えている特異なスポーツ:野球。特に投手の特殊性とその対策を。
●草水敏氏・作、恵三朗氏・画「フラジャイル」単なる肺炎だと思っていた乳児は実は重篤な免疫不全を抱えており、多くの日和見感染に侵されていた。
 動揺する母親は病理課医師の宮崎、岸達のサポートで新たな覚悟で息子の病気へ挑む。
 TVドラマ版キャスト決定の知らせも。
●藤島康介氏「パラダイスレジデンス」引き続き寮取り壊しに抗う寮生たち。
●高橋ツトム氏「BLACK-BOX」4試合連続1R・KO勝ちを収めにわか注目の的となった「凌駕」。
 女性スポーツライターは凌駕をより知るべく同じジムに入門するが、凌駕のガードは固く…。
●北道正幸氏「プ~ねこ」写実的な絵で緩やかな猫と人の「非」日常を描く連作4コマ。
●沙村広明氏「波よ聞いてくれ」ダメ元カレの呪縛からなんとか逃れたミナレは一人暮らしに向けて準備を。
●幸村誠氏「ヴィンランド・サガ」復讐者ヒルドの恐るべき技の前に絶対絶命のトルフィン。
 その時友達が助命を一斉嘆願。
●ヤマシタトモコ氏「花井沢町公民館便り」生き物は一切出入りが出来なくなった花井沢町と外部の通り抜け不能の境界上で愛を育む恋人。
●横山キムチ氏「少女回路」セーラー服少女達のアクションのオモシロさのみで魅せるサイレント4コマ。
●清家雪子氏「月に吠えらんねえ」無事四季と時間が戻った□(しかく)街で失業したのは?
●篠房六郎氏「葬送のリミット」リミットが力を振う事の代償、そしてバドラックの肉体の変化。
●ほづみりや氏「Vet’s Egg」何時までも飼い主が見つからない内に大きくなってしまったダルメシアン系の仔犬。
●瀧波ユカリ氏「あさはかな夢みし」久し振りに館に戻った姫を待っていたのは3:3の合コン。
●安彦良和氏「天の血脈」安積は後藤新平満鉄総裁の部屋で帝国ロシアへの諜報戦を展開していた明石大佐に出会いその胆力に気圧される。
●市川春子氏「宝石の国」体を砕かれたフォスが復活する時に何度も観た夢の真意は?
●西本英雄氏「そろそろ家の話をしましょう。」室井が独立前に勤めていた建築事務所を辞めた理由が明らかに。
●芦奈野ひとし氏「コトノバドライブ」良い酔い方をした人間は仄かな燐光を放つとか。
●木村紺氏「マイボーイ」最強の天才ボクサー、刀原レイジ登場かと思ったら、重大発表…。
●西尾維新氏・作、チョモラン氏・画「零崎軋識の人間ノック」軋識、渾身の釘バットの振り降ろしを迎え撃つメイド仮面必殺の心臓打ち。
●カラスヤサトシ氏「アフタヌーンはカラスヤサトシのもの」筆者の日常をネタにしたお得意のギャグ。作者の宝物のガシャフィギュアに遂に息子さんが目を付けて…。
●庄司創氏「白馬のお嫁さん」主馬が想い人に告白を躊躇する理由を新登場の詩人(?)ハイネ謙氏が見事な洞察を示す。

 【休載】
●岩明均氏「ヒストリエ」隔月掲載休みの月
●五十嵐大介氏「ディザインズ」隔月掲載休みの月
●榎本俊二氏「アンダー3」

 【次号予告】
・「ヒストリエ」表紙。
・「げんしけん2代目」、「フラジャイル」、カラー付。
・読み切り掲載;亜画々屋ぺらも氏「ハコニワ☆パイカ」掲載予定。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年1月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入