購入オプション

割引: ¥ 88 (12%)
Kindle 価格: ¥660

(税込)

獲得ポイント:
13ポイント (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[ひぐちアサ]のおおきく振りかぶって(32) (アフタヌーンコミックス)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

おおきく振りかぶって(32) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち4.4 216個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥660
コミック (紙) ¥693 ¥294
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【Kindleマンガ ストア】: 人気・新着、お買得タイトルをチェック。Kindle端末がなくても、 Kindle Web Reader ならブラウザでマンガがすぐ読める。
このシリーズの次の4巻 シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 2,673
獲得ポイント: 34 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

Kindle Unlimited 読み放題対象の青年マンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


このシリーズの一覧 (全35巻)
まとめ買い

商品の説明

著者について

ひぐち アサ
埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。
--このテキストは、comic版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B081RLRCTK
  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2019/11/22)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/11/22
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 92091 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 216個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
216 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
60人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト100レビュアー
2019年11月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2019年11月23日に日本でレビュー済み
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月22日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 コツコツと
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2019年11月22日
埼玉戦、結着の巻です。
試合描写は相変わらずの緻密さ。じっくりやり過ぎてテンポが悪い、と仰る方もいますが、
「この試合の、この一球!」みたいな場面がいつ来るかわからない、というライブ感があり、引き込まれます。
そういう意味では、リアルの高校球児の試合観戦をそのまま漫画に落とし込んだ作品、とも言えるでしょう。
以前の「桐青戦」の様な神がかった盛り上がりは無いですが、胃が締め付けられるようなプレッシャーは良く描けていると思います。
キャラもブレる事なく、生き生きとしており好感が持てます。
何より感じるのは、「登場キャラクターをストーリー展開の為の駒にしない」描き方です。
ゲンミツに言えばキャラを使ってストーリーを動かしてはいるんですが、この作者は西浦だけでなく、出てくるキャラクターを全て生きている人間として尊重しながら描いているのです。
だから日常パートが面白い。
そして、深過ぎる作者の愛が炸裂する試合描写。(よって、長くなる)
カバー裏にスコアブック書いて、あとがきでその書き方解説する人なんて、見たことないですよ!?
僕的にはこの漫画、「ライトに読める高校球児論文」だと思って読んでます。
まぁ、マニアックな作品かも知れませんね。
ツボった人には面白さハンパないですけど。

ps. 先日、埼玉県で開催された「おおきく振りかぶって展」に行って、生の原稿を見てきました!(昔のと、割と新しいのと)
  丁寧で、すごい描き込みに圧倒されました。
  「この原稿を描くのに、一体どのくらいの時間と情熱を費やしたんだろう?」
  そう考えたら、作者のヤル気は全然衰えていない事に気付きます。
  風呂敷を広げ過ぎてグダグダになったり、ヤル気がなくなって画力が落ちていく漫画家の多い中、
  これは素晴らしい事だと思います。
  元々「画力」を売りにして出て来た方では無いので、絵が劣化した、とかいうのは筋違いだと思いますね。
  劣化したんじゃなくて、連載十五年で「変わった」んです。
  漫画の内容を見て下さい。 劣化どころか、着実に進化してますよ?
  伏線もちゃんと回収してますし。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告